top of page

「もったいない」から思わぬ発見




3学期がはじまりました。

若葉ではお弁当がいる子どもには、職員が作って持たせています。

若葉は尼崎にあるため、各市から来ている子どもたちは通学に時間がかかります。。

「要らない」と何も持たずにでかける子もいて、強要もできず「お腹空かない?」「大丈夫?」と心配していました。

しかし、その子が、最近食パンにチョコスプレッドを挟むのが好き、と持って行くようになりました。

これは、フードロスを引き取り有効活用されているフードバンク関西さんからご支援でいただいたものでした。


果物も、フードバンクさんから頂いたり、支援者の方が産直で季節の恵みを送ってくださったりと、子どもたちはとても喜んでいます。

大人になったら、好きな果物を買ったり、お花を部屋に飾る生活をしたい、と夢を語る子どももいます。


普段購入できない嗜好品をいただくことで、こんな風に思いがけない子どもの「好き」に出会えるなんて。

本当に、ありがたいに尽きます。



閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春です。

Comments


bottom of page