暑中お見舞い申し上げます

皆様、こんにちは。

ご無沙汰しております。

季節は夏になり、毎日暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょう?


さて、まず1つめのご報告は、施設長の川西がひょうご人権ジャーナル

「きずな」6月号にて取材を受け、記事を掲載していただきました。

下記URLでご覧いただけます。※5ページ目をご参照下さい。

https://www.hyogo-jinken.or.jp/wp/wp-content/uploads/2022/05/9934392b18c6b777ee3d2068fbef4f7c.pdf


続いて2つめのご報告は、入所者の一人が給付型奨学金を得ることができました。

本人の頑張りが実を結んだ結果で、職員ともどもみんなで喜びました。

今後の学業も頑張ってもらいたいものです。

この奨学金は25人の募集枠に1000人の応募があったそうです。

そう考えると、まだまだ給付型奨学金の受給の難しさと社会的養護の下にいる子どもたちが受けている格差を感じざるをえません。

高等教育を受けたいと希望している子どもたちが平等に学ぶ機会を得られるように、社会の仕組みと支援が充実することを願います。


3つめのご報告は、東京海上日動阪神支社様より大量のお米の寄贈を受けました。

若葉の子どもたちは6人。日々お米の消費量も多く、大変助けになりました。

この場をお借りして、改めてご寄贈に御礼申し上げます。





4つめは、庭では夏野菜がすくすくと育っています。子どもたちもこの夏の貴重な体験を通してすくすくと育ってほしいと思います。いつも畑の管理をして下さっているボランティアさんありがとうございます。



熱中症等くれぐれもご自愛下さい。

今後とも自立援助ホーム「若葉」のご支援をよろしくお願いいたします。

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示