団体概要

法人概要

【法人名】

一般社団法人 若葉

【法人住所】

兵庫県尼崎市潮江1丁目10番1-403

【施設名】

自立援助ホーム 若葉

【施設所在地】

兵庫県尼崎市下坂部1丁目20-10

e-mail  wakaba2021e@gmail.com

TEL 06-6409-4315

FAX 06-6409-4316

【定員】 女子6名

【代表者】

川西 悦子(かわにし えつこ)

【開設年月日】

2022年1月20日

【主な活動区域】

兵庫県(児童は全国から受け入れいたします。)

入居をご希望される方はご連絡ください。

 

【法人の活動について】

自立援助ホームとは…なんらかの理由で家庭にいられなくなった、原則15歳(義務教育終了後)から20歳まで(状況によって22歳まで)の子どもたちが、自立を目指して生活する施設です。

法的位置づけ…児童福祉法第6条の3、児童福祉法第33条の6「児童自立生活援助事業」として第2種社会福祉事業に位置付けられます。

子どもたちの背景…ホームに来る子どもたちの多くは被虐待の子どもたちであり、ネグレクトされた子どもたち です。心の奥底に人間不信を抱えた子どもたちが、家庭や施設から飛び出て失敗しホームにやってきます。こうした子どもたちに必要なのは、指導でも、お世話でも、管理でもありません。

自立援助ホーム「若葉」では、彼女たちのそのままを受け入れることから始めます。安心して失敗を繰り返せる 安全な環境を提供し、小さな希望や自発的な目標がもてるようになるまで待ちます。そして自ら選択し決断でき るように、自己実現に向けて援助します。  

子どもたちの居場所を作り、

環境を整える資金が必要です。

目標 300万円

​ご協力をよろしくお願い申し上げます。

自立援助ホーム若葉が目指すもの

自立援助ホームとは…なんらかの理由で家庭にいられなくなった、原則として15歳(義務教育修了者)から20歳まで(状況に よって22歳まで)の子どもたちが、自立を目指して生活する施設です。  

法的位置づけ…児童福祉法第 6 条の 3、児童福祉法第 33 条の 6「児童自立生活援助事業」として第 2 種社会福祉事業に位置付けら れます。  

4411065_m.jpg
つかまり立ちの赤ちゃん

Vison

子どもたちの“小さな希望”を大切にして、

自立を援助します。

成功体験の少ない子どもたちが「あきらめ」を選ばず、「小さな希望」を積み重ねて自己実現に至るように援助します。

 

Mission

  • 自分自身をそのまま受け入れよう

自分の好きなところも嫌いなところも、強さも弱さも、全てを愛しいものとして受け入れられるように。

  • 他者を理解しよう

他者の良い所も悪い所も理解して、関係性を築けるように。

  •  生きていく喜びを見つけよう

過去に囚われることなく、未来に希望を持って生きていけるように。

 

Promise

自立援助ホーム「若葉」は、

安心して生活できる安全な居場所を提供します。

失敗しても繰り返しチャレンジできることを保証します。

あなたの支援が、子どもたちの未来をきずきます。