top of page

医療費支援の寄付をいただきました。

自立援助ホームにたどり着く子どもの中には、過去に虐待を受けた経験を抱えている者がたくさんいます。そのような深刻な経験から、子どもたちはさまざまな心の問題を抱えています。そのため、精神科医療のサポートは欠かせないものとなっています。


自立援助ホームの利用者には、適切な医療を受けるために必要な費用が行政から支給されていますが、20歳を越えると医療費のサポートが打ち切られてしまいます。このような状況下で、大学生活を送りながらアルバイトをしている利用者からは「診察や薬の費用を自分で負担するのは厳しい」という声が上がってきました。さらに、「お金が足りなくなって通院ができなくなるかもしれない」という不安も抱えています。特に精神科や心療内科への継続的な通院と薬の服用は重要であり、これらが途切れることは彼女たちにとって非常に深刻な問題となります。

しかし、素晴らしいお知らせです!

神戸市内のキリスト教会(救世軍神戸小隊)から、医療費支援のために寄付をいただきました。この寄付に心から感謝しています。彼女たちの健康と安定した生活を維持するためには、このような支援が非常に貴重です。救世軍神戸小隊の暖かいご支援に心から感謝申し上げます。

私たちは引き続き、彼女たちの自立に向けたサポートを提供してまいります。

最後に、改めて心からの感謝の気持ちを伝えさせていただきます。本当にありがとうございます。


※今回より、若葉にご連絡いただいた方を対象に、引き続き若葉の活動を知っていただきたく、ブログをお送りしました。もし、購読をご希望されない場合は、配信を停止いたしますので、ご連絡ください。






閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春です。

Comments


bottom of page